ブログ好き好き.comも使っている本気でおすすめする商品
▼複数サイトで使用OK 機能盛りだくさんの人気のテンプレートです。

 

▼メインのインターネット回線契約期間縛り無し、解約料無料、使い放題、月額3000円台の民泊WiFi

どうも! マラソンランナーでは松野明美が大好き九州男児の僕です。(関東在住)

今日は、考え出すと眠れなくなる問題の代表でもある

宗兄弟の違いについて考えてみたいと思います。

みなさん宗兄弟って知っていますか?

平成生まれの人は知らないでしょうね…

では宗兄弟の説明をウィキペディア大先生にお願いしましょう。

宗兄弟

宗兄弟(そう きょうだい)は一卵性双生児の兄弟で活躍した陸上選手。詳細は各項を参照。
宗茂(そう しげる) 兄。
宗猛(そう たけし) 弟。

中学時代より陸上競技を始める。中学2年で兄弟揃って大分県内一周駅伝に出場するなど、早くから地元では注目されていたが、同じ2年生からは学校の指導者が不在となり自主的に考えてトレーニングをしたという。親の薦めで大分県立佐伯豊南高等学校に進学、下宿生活を送る。高校在学中には全国高校駅伝にも出場を果たした。
高校卒業とともに1971年、旭化成陸上部に入部。1973年3月、延岡西日本マラソンで初マラソンを走り、茂が優勝、猛が2位となる。
モスクワオリンピックの代表選考レースであった1979年12月の福岡国際マラソンでは、瀬古とゴールの競技場でデッドヒートを演じて茂は2位、猛は3位となり、兄弟揃っての代表となったが、日本がモスクワ大会をボイコットしたため、出場は幻となった。
ロサンゼルスオリンピックの選考レースだった1983年12月の福岡国際マラソンでは茂が3位、猛が4位となり、モスクワ大会に続いて兄弟揃っての代表となる。
1985年10月の北京国際マラソンでは兄弟同タイムで茂が優勝、猛は2位(同タイムだが優勝は茂)。国際マラソンでの兄弟1・2位独占は世界初の快挙であった。
茂と猛が揃って出走したフルマラソンは22回あるが、兄弟で先着した数は茂が12回、猛が10回で茂が上回る。また上記の初マラソンや1985年の北京国際マラソンのように、兄弟で1・2位となったレースは4回(他の2回はいずれも別府大分毎日マラソン)あり、そのすべてで茂が勝利を収めている。

ウィキペディアより引用

では画像で比較してみましょう!

ブログこんなTVを見たより引用

産経デジタルより画像引用

ブログこんなTVを見たより引用

はい 違いがわかりましたね?

え!?

わからない??

実は…

ぼくもわかりませ~~~~ん。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

このブログは、WordPressテーマの『Diver』を使っています。

入力補助機能が便利

・吹き出し自由自在

・関連記事即入力

・囲い枠など自由自在

・ボタン一瞬で作成

ウィジェットが自由自在

・ホーム画面にもウィジェットが置き放題

・他のテーマと違ってウィジェットの自由度が高い

・ウィジェットの数が豊富

表示速度が早い

・某有名テーマと比較したところ早いことが立証されました。

Diverで作った他のサイトはコチラ

 

その他

 

Bsite https://sitesukisuki.work/

 

ウェブ工場Z  https://web.oahair.info/

 

サポートが充実

・今まで何度もメールサポートを依頼しましたがレスポンスも早くとても丁寧な対応をしていただいています。

 

複数サイトで使い放題だからお得ですよ