ブログで収益出したいならこのツールでOK。

 

ブログを本気で取り組むならこのサービスがオススメ!

 

▼ブログの住所になるドメインは

人気のドメインが1円から取得できます。


▼ブログの土地となるサーバーは

ブログを作っているとサーバー問題で困る時が何度もあります。

そんな時には対処法の記事がダントツ多いから安心

 

▼WordPressのテーマ

特に記事を書く時の補助機能が充実過ぎて重宝しています。

このブログの使用テーマです。

 

▼Pocket WiFiは

契約期間縛り無し、解約料無料、使い放題、月額3000円台

 

もうね、日常の写真なら高いお金出して一眼レフカメラを買う必要は無いと断言します!

 

iPhone7plusもしくはiPhone8plusiPhoneXで十分です。

 

アンドロイドの方はごめんなさい。 ※守備範囲外で申し訳ないです。

 

では証明していきますね。

 

iPhone7plus、iPhone8plus、iPhoneXのメイン(背景)カメラはダブルレンズになっているから一眼のような背景ぼかしが撮影出来る

iPhone7plusのメインカメラはダブルレンズになっている

iPhone7plusのメインカメラはダブルレンズになっています。※PENTAX K-m (一眼レフカメラ)で撮影

 

ご覧のように、iPhoneの7plusのメインカメラはダブルレンズとなっています。

 

このダブルレンズで瞬時に被写体と背景を別々に撮って合成して背景がホケた写真に仕上がる仕組みです。

 

ダブルレンズは、iPhone7plusとiPhone8plusとiPhoneXに付いています。

 

残念ながら7・8には搭載していません。

 

では実際にどんな感じで撮影できるか検証していきましょう。

 

iPhone7plus、8plus、Xの標準カメラアプリよりもFocos(無料アプリ)が最強!!

iPhone7plus・8plus・X(以降この記事では3機種をiPhoneで統一します)の標準カメラプリには、『ポートレートモード』というのがあります。このポートレートモードを使って一眼レフのような背景がボケた写真を撮影するのですが、この標準カメラアプリより簡単でキレイにボカせるアプリがあるんです。

Focosのダウンロードはコチラから

APPストアのダウンロードページヘ飛びます。

なぜ標準のカメラアプリの『ポートレートモード』よりもFocosがいいのか?

では操作画面を比べて説明します。

iPhoneのカメラアプリのポートレートモード

手順①アプリを起動

カメラアプリをタップして起動させます。

手順②モードの切替

この標準カメラアプリは、起動後は写真モード(普通の写真撮影時に使う)に固定されているので一旦ポートレートモードに切り替える必要があります。これが地味に面倒です。サッと起動させてパッと撮りたいじゃないですか?

手順③ピントを合わせて撮影

はい、ここで撮影ボタンを押して撮影できる流れです

 

標準カメラアプリは撮影するまでにこのように3ステップ必要なんです。

 

次はFocosで説明します。

 

Focos

手順①アプリを起動

手順②ピントを合わせて撮影

 

起動してすぐにピントをあわせるだけで撮影できます。

標準アプリよりも一手間必要ありません。写真って、撮りたい『瞬間』を保存するものなので、この手間があるかないかだけでも全然違いますよ。

 

iPhone7plusでFocosで撮った写真 ※無加工

近所の夏祭りの提灯をピントだけ合わせて撮りました。

 

後ろの電車は動いているのですがいい感じに撮れていますね。

 

居酒屋の看板です。オシャレに見えますね。

 

ここの3枚は全部無加工で無設定で撮っています。Focosを立ち上げてピント合わせてシャッターを押しただけです。

では、全く同じものをポートレートモードとFocosで比べてみましょう。

 

ポートレートモードとFocosで同じ被写体を撮影してみた

Focos

標準カメラアプリのポートレートモード

Focos

標準カメラアプリのポートレートモード

 

この辺は好みだと思いますが、僕はFocosのほうが好きですねぇ。

 

もう一眼レフカメラいらなくない?

『Fcos』VS『一眼レフカメラ』で同じもの撮影してみた

Focos

一眼レフカメラ(絞り優先モード)

 

 

僕の一眼レフカメラはかなり古いものなので、これだけの画像で判断しないほうが良いかもしれませんが、一眼レフの重さや使い勝手を考えると普段持ってるiPhoneで十分じゃないですか? むしろiPhoneの方が良くないですか?

 

背景ぼかしの写真を撮るにはコチラのiPhoneが必要です

冒頭でもお伝えしましたが、背景をぼかす写真を撮影したいならiPhoneが必要になります。 docomoやソフトバンクやau等の大手キャリアで複数年縛りで買うのも良いかもしれませんが、あれってもはやリース契約ですよね? 毎月ローンのように端末代を払って払い終わったらまた新しいのが出てそれに機種変して…。

それよりも格安SIMで通信費を安く抑えて端末を購入したほうがお得ですよ。

 

高そうですが実はそこまで高くないのでこの際、SIMフリーにしちゃいましょう。

iPhone7plus SIMフリー

iPhone8plus SIMフリー

iPhoneX SIMフリー

 

もし中古を買う場合は?

これは絶対に言うことを聞いてください。中古でiPhoneを買う場合はアマゾンで買ってください。アマゾンなら購入して30日であればどんな理由であれ返品できます。中古で買う以上、数週間使わないと不具合なんて気づかないもんです。大概のショップは購入して1週間とか2週間は返品可能が多いのですが、このような電子機器は1周間やそこらでは不具合なんてわからないのが普通です。なのでアマゾンで購入しましょう。そして出来るなら特典が山盛りのアマゾンプライム会員に入ってからにしてください。詳しくは↓の記事で。

 

格安SIMはマイネオがオススメ

僕はmineo という格安SIMを使っています。2017年まではソフトバンクだったのですが、違約金を払ってまでマイネオに変更しました。毎月8000円程していたスマホ代(通信・通話・端末代含む)が、SIMフリーの端末を買って格安SIMのマイネオに買えた瞬間、月々4000円台にまで下げることに成功しました。

ちょっとお得な情報

アマゾンで購入するならAmazon Primeへ30日間無料登録するとお得ですよ。※参考記事

 

端末を最初に中古で買っているのですが、それを月々に換算しても結構節約出来ていますよ。

 

では最高の組み合わせで背景がボカせる写真を撮りまくってくださいね。

 

コチラも合わせて読むといいかも。

このブログは、有料テーマの『Diver』を使っています。

Diverは他の有料テーマより優れている点があります。

入力補助機能が便利

・吹き出し自由自在

・関連記事即入力

・囲い枠など自由自在

・ボタン一瞬で作成

 

ウィジェットが自由自在

・ホーム画面にもウィジェットが置き放題

・他のテーマと違ってウィジェットの自由度が高い

・ウィジェットの数が豊富

 

表示速度が早い

・某有名テーマと比較したところ早いことが立証されました。

 

サポートが充実

・今まで何度もメールサポートを依頼しましたがレスポンスも早くとても丁寧な対応をしていただいています。

 

複数サイトで使い放題だからお得ですよ