スポンサーリンク

基本的に、パソコン1台あれば仕事もブログもできます。

 

ということで僕の職場は、PCとネット環境が揃っている場所になります。

 

とは言っても、PCは常にMacBookPRO15インチを持ち歩いているので、カフェでもコワーキングスペースでもファミレスでもどこでも作業できます。

 

ちなみに僕は、オンラインコワーキングスペースのオーナーもしています。

 

先日、【体験レポート】外でブログ(仕事)するならネットカフェの快活クラブがおすすめな理由。でも紹介しましたが、ネットカフェはそれなりにお金がかかるので今回の記事では無料で利用できる図書館で作業している様子をお伝えします。

 

最近の図書館は、どこもキレイになっているので同じような感じで利用できることが多いのではないでしょうか?

 

参考にしていただければ嬉しいです。

 

埼玉県桶川駅西口図書館を利用してみた。

桶川市市立駅西口図書館

洒落た本屋さんのような入り口です。

 

中は木目を基調とした明るくて清潔なイメージです。

 

金曜の12時頃行ったのですが、結構空いている印象です。

 

受付:利用者登録

身分証明書を見せて簡単な項目を記入して、ちょっと長めの説明を聞いたらすぐにカードが発行されて利用できるようになります。

 

ルール?説明が書いてある資料をもらいます。

 

持ち込みパソコン席のルール(決まり)

1日2時間(空いていれば1時間の延長可能)の利用とのこと。

 

うんうんわかるわかる…。

 

そりゃね、1日1回2時間までにしとかないとなにかと迷惑だもんね…。

 

 

ファッ???? なんだと!?

 

 

 

ずっといれないのか〜〜い!

 

 

 

まいっか、とりあえず今日はココで作業しよう。

 

最大3時間かぁ… 微妙だなぁ。

 

使う人の目的によってその感想は変わるでしょうけど、僕にとっては短く感じました。

 

図書館のいろんな席をご案内

持ち込みパソコン席

 

備え付けパソコン席

 

インターネット検索席

 

立って読む席

 

座って読む席

 

学習席

 

ゆったり座れる席

 

緑多めの席

 

 

今回の目的の持ち込みパソコン席を使ってみた。

利用カードを備え付けの座席確保用のPCに読み込ませると座席の確保ができます。

 

14番の席をGETしました。 120分利用(空いていれば最大60分の延長可能)

 

持ち込みパソコン席に到着。 図書館の一番奥にありました。

 

今日の職場は14番席。

 

もちろんコンセントも各席に完備です。 ※接続時間制限無しのフリーWi-Fiもあります。

 

こんな感じでセッティングできました。

 

使用中のパソコンはMacBookPRO15インチ2013年モデル

今でも安定してサクサク使える高スペックPCですよ。

 

まずはこの【図書館でノマドしてみた。】のブログを45分くらいで書き上げて仕事を始めることにします。

 

図書館でのマドしてみた。のまとめ。

  • 各図書館によると思いますがキレイでびっくり
  • いろんな席がある
  • 持ち込みパソコン席はキーボードのタイピング音がするので一番奥にあった
  • 今回利用した図書館は、持ち込みパソコン席は最大3時間の利用しかできないけど短時間集中で仕事が捗る

 

これは使う人によってはオススメかもですね。

 

ただ、僕は正直ファミレスやカフェでドヤリングしながらのほうがいいかなぁ。

 

少しワイワイガヤガヤしてる方が落ち着くかも。※個人的な感想です。

 

ちなみにオンライン上にもコワーキングスペースはありますよ。

 

 

 

 

 

【PR】合計4ヶ月間も無料で見れるネット配信動画サービス

 

 

誰でも4ヶ月間、有料動画をタダで観れます。

サービス名(通常月額) 特徴 無料期間
DMM見放題chライト
(月額540円)

・月額が安い
・アイドル・グラビアが多い
・H系が豊富(2000本)
・総本数7000本
■関連記事書いています(こちら

14日間

U-NEXT
(月額1990円)

・最新映画多数
・NHKのドキュメンタリーも視聴可能
・人気ドラマも抑えている

ジャンル多し
70誌の雑誌も読み放題
・圧倒的動画本数の13万本

31日間

FODプレミアム
(月額888円)

・ドラマ、アニメ、バラエティー番組が多い
・映画もオリジナル番組も豊富
・FRIDAYやFLASH等の100誌以上の雑誌も読み放題

15万冊以上のコミックも読み放題

約30日

Hulu
(月額933円)

海外ドラマに強い
・ネット配信サービスの老舗
・動画総本数50000本以上
14日間

Amazonプライム・ビデオ
(月額400円)

Amazonオリジナルコンテンツが話題
・松本人志ドキュメンタル、Freeze
・浜田雅功&矢部浩之の戦闘車
ドラえもん、ワイルドスピード、ビーバップハイスクール、カリキュラ等
月額費が最安
・動画総本数26000本以上

30日間